とりあえずブログ

アラフォーランナーがサブフォーを目指すブログ

GT-2000 NEW YORK 6 (TJG977)を購入してみた

こんにちは

 

アシックスのランニングシューズ GT-2000 New York 6 (TJG977)を購入しました。前作のGT-2000 NEW YORK 5が寿命を迎えたので、新しいトレーニングシューズとしてGT-2000 NEW YORK 6を選びました。

 


GT-2000 のシリーズは初マラソン~サブ5を目指す初心者ランナー向けのシューズです。クッション性も高く、現在はかなり軽量化が進んでいるため、速いランナーのトレーニングシューズとしても使われたりします。アシックスのランニングシューズの中で一番の売れ筋になっています。

 

GT-2000 New York 6の正面の画像

 

今回購入した色は「ライムイエロー/ブラック」でした。これ以外にも「インペリアルブルー/インディゴブルー」「ストーングレー/ブラック」の計3色のラインナップになっています。インペリアルブルー/インディゴブルーも良かったのですが、今回はライムイエロー/ブラックを購入しました。

 

GT-2000 New York 6の外側の画像

今回はかなりバージョンアップされています。シューズのデザインもかなり変わっています。アッパーのメッシュが大きなり、通気性が高くなっています。このおかげで寒い冬に走ると結構足が冷えます。

 

GT-2000 New York 6の内側の画像

ミッドソールにはFlyteFoamが採用されています。FlyteFoamはクッション性と軽量化を実現したミッドソールです。すでにDynaFlyte、NOOSA FF、GEL-DS TRAINER 22には採用されています。これによってかなり軽量化が進んでいます。

GT-2000 New York 6のFlyteFoamの印字

シューズの重さは約290g(27cm)でした。前作よりは27.5cmを購入したので一概に比較はできませんが約20g程度軽くなっています。

 

履いた感じは前作よりも大きく感じましたので0.5cm小さいサイズを購入しました。小さいサイズでぴったりでした。一度試し履きをしてから購入した方が良さそうです。シューズが軽量化されたのとミッドソールが変更になった点で、接地の感覚が前作とは変わりました。ソールは若干硬めですが、反発力があり、何より軽いので前に進む感覚が強くなりました。安定性が高いので、左右にぶれることがなくしっかり走れるシューズです。ソールの形状も前作とは変更されています。

 

GT-2000 New York 6のソール画像


かかとには前作同様には外側にもあった樹脂製のヒールカウンターがなくなっています。ヒールカウンターは内側のみとなり、その分シューズの軽量化につながっています。かかとの部分のデザインがかわり、フィット感はより高まった感じがします。

GT-2000 New York 6のかかとの画像



GT-2000 NEW YORK 6はソールが硬めで軽量がすすんだモデルになりました。キロ5分を切るくらいのスピードであれば十分対応できるシューズです。サブ5~サブ4のレース向けのシューズとしても使用できますし、キロ5分前後のトレーニングシューズとしても使えそうです。幅広いレベルで使用できるシューズとなりました。

前作と比べるとソールの感覚が異なります。やや硬めですが、より走りやすくスピードに乗れるようになった感覚があります。

同じアシックスのKAYANOシリーズと比べると、KAYANOはより柔らかい高いクッション性を求めるシューズになっています。GT-2000 NEW YORK 6はKAYANOよりもよりレース向けになったと思います。クッション性を求めるランナーにはGEL-KAYANO 24の方がお勧めです。

 

 

GEL-DS TRAINER 22を購入したのでレビューしてみた

こんにちは

今更ながらASICSのGEL-DS TRAINER 22を購入したのでレビューします。

 

GEL-DS TRAINER 22の正面の画像



アシックスのGEL DS TRAINER 22はサブ4クラスのランナー向けのシューズです。軽量化されており、キロ4分半位のスピードトレにも使用できるシューズです。

 

 

GEL-DS TRAINER 22の横からの画像

かかとにはプラスチック製のヒールカウンターがついています。かかとは固くなっているので安定性が高く保たれます。

 

GEL-DS TRAINER 22のかかとからの画像

ソールはセパレートソールになっています。

GEL-DS TRAINER 22のソールの画像

 

前作と比較するとミッドソールには高機能素材『FlyteFoam』を採用しているので、軽量化とクッション性が向上してます。重さは実際に測ってみると約220g(27.5cm)でした。前作(GEL-DS TRAINER 21)と比較する約25gくらい軽くなっています。FlyteFoamの恩恵を受けています。gt2000 newyork6と比べてもずっと軽くなっています。

 

f:id:Runrenrun:20180218164124j:plain

履いた感触は少し前作もよりも硬い感じがしますが、クッション性はあまり変わらず、軽い分、前に進みやすくなっています。楽にスピードに乗れるシューズです。

 

サブ4~サブ3.5くらいまでの範囲であればこのシューズで十分対応可能です。このレベルのランナー向けのシューズとしてはクッション性と軽さを兼ね備えたシューズとなっています。かなりお勧めのシューズです。

 

新型のGel-DS Trainer 23はこちらです。

第12回下野市天平マラソンに参加してみた

こんにちは

平成30年1月8日(月)に栃木県下野市で開催された第12回下野市天平マラソン大会に参加してきました。前身の大会も含めると通算44回目と非常に歴史のある大会です。

 

下野市天平マラソン大会スタート地点の様子

この大会の種目は、ハーフマラソン、10km、5km、3km、2km、1km(親子) があります。今回はハーフマラソンにエントリーしました。

ハーフマラソンのエントリー数は634名、大会全体のエントリー数は約1900名でした。混雑しない程度の参加人数で、走りやすかったです。

 

下野市天平マラソン大会開会式の様子

 

【会場】

会場は栃木県下野市天平の丘公園です。最寄りのJR宇都宮線小金井駅からシャトルバスが出ており、バスで10分位の場所です。天平の丘公園の駐車場が利用できます。天平の丘公園は国分尼寺の跡地となっています。今回のマラソン大会と公園の名前の由来になっています。

下野市天平マラソン大会会場の国分尼寺の説明看板

下野市天平マラソン大会会場の国分尼寺跡

公園内の武道場が解放されていて、部屋の中で着替えができます。手荷物の預り所も武道場の中にあります。

下野市天平マラソン大会会場の様子

【コース】

 ハーフマラソンのスタートとゴールは天平の丘公園の前になります。ハーフマラソンコースは約10kmのコースを2周するコースとなります。ほぼ平坦なコースでタイムが出しやすいです。今年からコースが若干変更となり、以前はあった未舗装の区間はなくなりました。すべて舗装道路のコースになりました。

 

下野市天平マラソン大会ゴール地点の様子

1km~10km

距離調整のためスタートから数百メートルで折り返します。先頭集団とすれ違うので、スピードの違いがよくわかります。スタート地点まで戻っていよいよ本番です。コースはほとんど平坦で紹介の仕様もないくらいです。3kmから4km位までは田んぼの中を走ります。登りらしい登りは4kmから5km位の緩い登りくらいです。5kmすぎから6km過ぎくらいまで1kmは直線の街のメーンストリートを走ります。6km過ぎから少し下りになります。7kmから10kmまでは田んぼ道になります。

10km~ゴール

11kmを過ぎるとスタート地点に戻ります。2週目は1週目よりも手前を曲がるのでスタート地点のところだけ若干コースが異なります。最初の箇所以外は2週目は1週目と同じコースをたどります。ポイントは最後の1.2kmは長い直線になります。若干登りなので、息が切れないようにすることと、他の種目の選手が入り乱れるので選手との間隔を注意したいところです。直線に入る手前に橋の下りを利用してペースを上げることができると、選手をごぼう抜きできる区間になります。

 

下野市天平マラソン大会会場の武道場の様子

 

【まとめ】

ほぼ同じコースを2周する大会です。コースを覚えられるので2週目はかなり走りやすく感じます。最後の直線で上手くスピードに乗るのが重要です。

 

 

第13回那須烏山ハーフマラソンに参加してきた

こんにちは

平成29年12月3日(日)に栃木県那須烏山市で開催された第13回那須烏山ハーフマラソンに参加してきました。

f:id:Runrenrun:20180128165215j:plain

この大会の種目は、ハーフマラソン、5km、3km、2km、ウォーキング があります。今回はハーフマラソンにエントリーしました。

ハーフマラソンのエントリー数は647名、大会全体のエントリー数は1711名でした。ハーフマラソンで記録を狙うなら丁度いい人数かもしれません。

f:id:Runrenrun:20180128165233j:plain

 

【会場】

スタートとゴールは那須烏山市保健福祉センターです。最寄りのJR烏山線大金駅から徒歩10分位です。指定の駐車場が数カ所あり、会場まで徒歩15分以内の場所にあります。山の上の中学校の駐車場もありますが、帰りは登りがきついので要注意です。

会場にはいろいろな屋台なども立ち並んでおり、応援に来た方も楽しめます。

f:id:Runrenrun:20180128165137j:plain

那須烏山市保健福祉センターが解放されていて、寒い日でも暖かい部屋の中で準備や待機できるのがすごく良かったです。

【コース】

 ハーフマラソンのスタートとゴールは那須烏山市保健福祉センターになります。コースは全体的にアップダウンがあるコースです。前半が緩やかな登り基調で、後半が緩やかな下り基調になります。

 

1km~10km

スタート直後に坂をいきなり上ります。大金の街を抜けて1km手前で右折するとだんだん山の方へ向かいます。傾斜がわからない位のゆったりとした登りですが、4km地点では長く急な登りも出てきます。7km位まではやや平坦な道が続き、7kmで左折すると田んぼの道に変わります。8km~9km位では短いですがかなり急な坂が出てくるので、リズムよく登る必要があります。10kmの手前で折り返して後半に向かいます。

10km~16km

10kmを過ぎると7km地点で分かれた道へ戻ります。来た道を再び戻っていきます。少し下り基調なのでスピードが出る区間になります。13kmで大きな下りになりますが、下り終わる14kmからかなり急な登りになります。ここがこのコースで一番きついところです。16kmまで来た道を戻ります。

16km~ゴール

16kmを過ぎる右折してきた道とは違う道になります。長い坂を下りきると川沿いのサイクリングコースに入ります。平坦なコースになりますが、川が作った崖の景色がかなりきれいです。19kmでつり橋をわたるとゴールが遠くに見えてきます。橋をさらに渡って、川沿いを走るとゴール地点の那須烏山市保健福祉センターになります。最後は300m位の直線ですが最初の100mくらいは登りになります。最後なのでかなりきついです。最後に左折するとゴールです。

【まとめ】

大きなアップダウンは2カ所くらいですが、小刻みにアップダウンがあるコースです。ただし下りをうまく利用できれば、走りやすいコースでもあると思います。参加人数も混雑しない程度でちょうどよい人数だと思います。

川沿いのコースはきれいな景色でした。

f:id:Runrenrun:20180128165055j:plain

 

那須高原ハーフ&ファミリーマラソン2017に参加してみた

こんにちは

2017年11月26日(日)に第5回那須高原ハーフ&ファミリーマラソン2017に参加してきました。

那須高原ハーフマラソンゴール地点の様子

 

【会場】

スタートとゴールは那須りんどう湖 LAKE VIEW(旧りんどう湖ファミリー牧場)です。駐車場もあるので自動車で来るのが便利です。黒磯駅からのシャトルバスも運行されていました。

那須高原ハーフマラソンの会場のりんどう湖レイクビューの様子

大会当日は応援の方も含めてりんどう湖 LAKE VIEWは無料で入園できます。

 ナンバーカードも事前に送られてくるので受付がいりませんでした。

那須高原ハーフマラソンスタート地点

【コース】

 ハーフマラソンのスタートとゴールはりんどう湖 LAKE VIEW内になります。コースの特徴は標高差176mの登りです。

スタート直前にスタート地点ではりんどう湖のアイドル、プリズムベルのミニライブもありました。

 

那須高原ハーフマラソンのスタート地点の車の上のステージ

スタート~7km

スタートから下りになります。3km位から少し登りになりますが、5kmの給水所を過ぎて左折すると下りになります。多少のアップダウンはありますが、前半は基本的に下りなります。途中牛舎の脇を通ったりするので、のどかな風景が見れます。

7km~14km

7kmを過ぎて、V字にカーブを曲がるとここから登りが始まります。高速道路のアンダーパスの下り以降、14kmまでほとんど下りはなくなります。はじめはだらだらした登りがずっと続きます。進むごとに少しづつ傾斜がきつくなっていきます。12km~13kmが傾斜が一番急で、ここの登りでは急坂でかなり足を消耗します。14km付近の給水所が最高地点で、給水所の先を左折すると一転して下りになります。

14km~ゴール

14kmを過ぎると下り基調になります。登りが続いてきたので、ここからゴールまで下りのスピードアップにギアを変えられるかがカギになります。しかし下りばかりではなく登りもあるので、アップダウンでうまくリズムを掴んで走ることが重要です。18km過ぎでは学校の校庭内を少し走ります。19kmからほぼ下りになります。りんどう湖 LAKE VIEW内入るとあと数100mです。ゴール手前100mで登りがありますが、ここで地元中学生の応援があるので、最後の力を振り絞ってゴールします。

 

【参加賞】

参加賞はブランケットでした。冬場にはかなり重宝しそうです。

那須高原ハーフマラソン参加賞の青のあったかそうなブランケット

順位の末尾が9位の人がもらえるきゅーびー賞でミルクジャムも当たりました!おいしかったです。

那須高原ハーフマラソンのきゅーびー賞のミルクジャム

【まとめ】

長く続く登りと下りへの切り替えがポイントです。登りの練習にもなるコースです。

 

第36回ゆりがねマラソンに参加してみた

こんにちは

 

2017年11月19日(日)に開催された第36回ゆりがねマラソンに参加してきました。36回の長い歴史のある大会です。開催場所は栃木県の那珂川町です。

ゆりがねマラソン会場の馬頭高校の様子

 

この大会の種目は、10km、5.5km、4km、2km、2kmの親子ペアがありました。今回は10kmにエントリーしました。10kmの参加者は69名(男子60名、女子9名)とこじんまりとした大会です。

ゲストランナーは「がんばれゆうすけ」さんでした。

ゆりがねマラソンゲストランナーのがんばれゆうすけ

先日のしらかわ故郷マラソンに続くゲストランナーです。がんばれゆうすけさんは吉本興業所属のお笑い芸人ですが、かなりの実力者でフルマラソンのベストタイムは2時間25分09秒と立派な記録をお持ちのンランナーでもあります。


【会場】

会場は栃木県立馬頭高等学校でした。会場内に駐車場があり、車であれば便利な大会です。公共交通機関は少ないので車で行くのがいいでしょう。

ゆりがねマラソン会場の馬頭高校の全体の風景

【コース】

スタート、フィニッシュともに栃木県立馬頭高等学校でした。10kmは、山間のコースでアップダウンも多いタフなコースです。給水所は1箇所のみです。

 

ゆりがねマラソンのゴール地点の様子


スタート~5km

高校の敷地内を出るところの坂で、かなり急な下りとなります。最初は緩やかな登りですが、1.5km位で折り返すと下りになります。2kmを過ぎると高校の手前を右折します。高校の外を周り、3km位からアップダウンが連続します。けっこうキツイ登りもあるので、ペースに気を付けないと息が上がってしまいます。コースの所々で地元の方が家から出てきて応援してくれます。

5km~ゴール

5km付近に給水所が1箇所あります。5kmを過ぎると川沿いを少し走り、橋を渡って左折すると、下りになります。少し登りもありますが、しばらく下り基調になります。8kmをすぎると街のメーンストリートを走ります。街の人たちも応援してくれて力になります。9kmで左折して川を再び渡るとゴールの馬頭高校まで登ります。かなり高校に入る直前は最後は急な登りです。高校に入ると100m位走ってゴールです。

ゴール後

ゴール後は豚汁が振る舞われました。野菜がたくさん入っていておいしかったです。ごちそうさまでした。

参加賞

参加賞は那珂川町で採れたゆずとハンドタオルでした。ゆずは香りもよく、鍋に入れて食べたら最高でした!

ゆりがねマラソン参加賞のゆずとハンドタオル

【まとめ】

アップダウンの多いタフなコースで走りがいのあるコースになっています。少人数の大会ですが、非常に行き届いた対応です。混雑もないのがいい大会です。10kmの参加費が2,500円と非常にコスパも高いです。来年もまた参加したいです。

第29回会津若松市鶴ヶ城ハーフマラソンに参加してみた

こんにちは

平成29年10月1日(日)に福島県会津若松市で開催された第29回会津若松市鶴ヶ城ハーフマラソンに参加してきました。

f:id:Runrenrun:20171009141444j:plain

鶴ヶ城ハーフマラソン会場

この大会の種目は、ハーフ、10km、5km、3km、2km(小学生)、1km(車いす)があります。今回はハーフマラソンにエントリーしました。

ハーフマラソンのエントリー数は2,519名、大会全体のエントリー数は7,898名と過去最多のエントリーとなったようです。

ゲストランナーは男子長距離界の実力者佐藤悠基選手と女子の土井友里永選手でした。駒澤大学からもゲストで板橋賢吾選手、紺野凌矢選手、中村大聖選手の3選手が出場しました。

 

【会場】

スタートとゴールは会津若松市会津総合運動公園です。会津若松市内や会津若松駅からのシャトルバスで15分位です。会場から離れた場所になりますが、数か所駐車場があり、そこからもシャトルバスが運行されていました。

鶴ヶ城ハーフマラソン会場の会津総合体育館の様子

駅からのシャトルバスはかなり混んでいて、待たされます。かなり早めに余裕をもってバスに並ばないと遅れる可能性もあるので要注意です。

会場の会津総合運動公園にはいろいろな無料の試食ブースなども立ち並んでおり、応援に来た方も楽しめます。

手荷物の預り所も用意されていますが、かなり混雑するので、早めに預けた方がいいです。

鶴ヶ城ハーフマラソン会場の会津総合運動公園の様子

【コース】

 ハーフマラソンのスタートとゴールは会津総合運動公園になります。

 

1km~10km

 基本的に平坦なコースですが、3km過ぎに大きな跨線橋のアップダウンがあります。田んぼの道などがあるのどかなコースです。アップダウンが少ない代わりに直角コーナーと細い道が多く、ランナーが密集すると走りにくい箇所もありました。

10km~15km

10kmを過ぎたくらいから市街地になります。市街地もコーナーが多いです。一度鶴ヶ城の脇を通り抜けて、会津若松市のメーンストリートの神明通りを走り、14kmの手前で折り返します。14kmを過ぎて会津若松市役所を過ぎてすぐの角を曲がると、鶴ヶ城天守閣が前方に見えます。

15km~ゴール

15kmを過ぎるとお堀に沿って走り、北の丸から鶴ヶ城内を走ります。長い距離ではありませんが、城内を走れる大会はなかなかないので面白いです。18kmを過ぎると最後の難関の登りが待っています。約2kmで30m登ります。だらだらとした登りがかなり足に堪えます。シーズンの序盤の大会なので、走り込みも不足していたので、この登りは厳しい走りになりました。登り切って、一旦運動公園を通り過ぎてから折り返し、競技場内に入ってゴールになります。

【まとめ】

鶴ヶ城内を走れる点が良かったです。ラストの2kmの登りはかなり厳しかったです。

シャトルバスには十分時間に余裕を持って乗った方がよいです。