とりあえずブログ

アラフォーランナーがサブフォーを目指すブログ

【厚底は速さだった】第13回下野市天平マラソン大会にズームフライフライニットで参戦

こんにちは

平成31年1月14日(月)に栃木県下野市で開催された第13回下野市天平ラソン大会に参加してきました。前身の大会も含めると通算45回目と非常に歴史のある大会です。昨年の第12回も参加しています。

runrenrun.hatenablog.com

今回はナイキの厚底シューズの「ズームフライ フライニット」で参戦しました。厚底シューズでの初レースです。

 

第13回下野市天平マラソン大会の会場の様子

 

 

 

この大会の種目は、ハーフマラソン、10km、5km、3km、2km、1km(親子) があります。今回はハーフマラソンにエントリーしました。

ハーフマラソンのエントリー数は654名、当日の参加者は528名、大会全体のエントリー数は約2,000人、当日の参加者数は1,739名でした。

 

 

第13回下野市天平マラソン大会の天平の丘公園の案内図

 

【会場】

会場は栃木県下野市天平の丘公園です。最寄りのJR宇都宮線小金井駅からシャトルバスが頻繁に出ています。バスで10分位でアクセスが便利です。自動車を利用する場合は1200台分の駐車場があります。

武道場の中に手荷物の預り所があります。武道場の中で着替えもできます。

 

第13回下野市天平マラソン大会の駐車場

【コース】

 天平の丘公園の前の道路がハーフマラソンのスタートとゴールになります。ハーフマラソンは約10kmのほぼ同じコースを2周します。大きなアップダウンはなく、フラットなコースになっています。

 今回はズームフライフライニットで初めてレースにでます。厚底シューズでどれ位タイムが出るかチャレンジしてみます。

第13回下野市天平マラソン大会のゴール地点



スタート~10km

スタートからは4分40秒前後で走ります。ズームフライフライニットの反発性が高く、ストライドが大きくなります。序盤はハーフのベストを出した12月の那須烏山ラソンと同じくらいのペースで走りました。前半はズームフライフライニットの性能をあまり引き出すことができませんでした。走りながら、走り方を探すような感じになってしまいました。

10km~ゴール

11kmを過ぎると2周目に入ります。このあたりからペースを上げていきました。4分30秒を切る位でペースまで上げていきます。

このあたりで、ズームフライフライニットの走り方がわかってきました。体の真下に着地して、着地点をつま先の方にして、体重をかかとに残さないように走ると、反発力が大きく得られます。さらに腸腰筋を使うようにするとストライドが伸びて、押し出されるような走りができます。10kmでは120cm位のストライドが18km~20kmでは130cmを超えるストライドになりました。10cm位ストライドが大きくなっています。15km以降は4分10秒前後で走れました。10kmのレースでも出ないようなラップを出せました。

ただし、いつもと走り方が異なっていたので、終盤はふくらはぎが攣りそうになりました。

 結局、ベストタイムを約4分30秒更新、昨年のタイムを約7分30秒更新することが出来ました。

 ズームフライフライニットはやっぱり「厚底は速さ」でした。

 

【まとめ】

 ズームフライフライニットの威力を感じることができたレースになりました。ズームフライフライニットの性能を引き出すには走り方をマスターする必要があります。難しいことではなく、体の真下に着地して、フラットに着地を意識するとズームフライフライニットに合った走りになります。

 

ナイキ ズームフライフライニットを購入してみた

こんにちは

 

NIKEのランニングシューズ「ズームフライ フライニット」を購入しましたのでレビューします。

ズームフライ フライニットの特徴を簡単にまとめると

 

1.今や多くの一流ランナーが履く「ヴェイパーフライ4%」と同じくカーボンプレートが入った厚底シューズです。カーボンプレートにより反発力を生み出します。

 

2.ニット素材の「ナイキ フライニット」を採用。ニット素材により伸縮性があり、通気性、フィット感が高まっています。

 

3.リアクトフォームの採用。リアクトフォームによって柔らかく、弾力性が上がり、耐久性にも優れたシューズになっています。

 

f:id:Runrenrun:20190120194952j:plain

 

 

【デザイン】

f:id:Runrenrun:20190120195719j:plain


デザインはニット素材なので、シームレスの仕上げになっています。一般的なランニングシューズとは少し違っています。

 

 【アッパー】

 

f:id:Runrenrun:20190120195010j:plain

 

アッパーはニット素材の「ナイキ フライニット」のため、伸縮性があり、伸び縮みします。フィット感は高い作りになっていますが、独特の感触なので、試し履きをした方が良いと思います。通気性も高いシューズです。

【ミッドソール】

f:id:Runrenrun:20190120195656j:plain


ミッドソールはかなり厚い作りです。さすがは「厚さは速さだ!」をキャッチコピーにしているシューズだけあります。カーボンファイバープレートが入っていて、さらに「ナイキ リアクト」のためソールが柔らかく、厚い作りになっています。 

 【ソール】

f:id:Runrenrun:20190120195635j:plain
五角形が特徴的なアウトソールになっています。五角形が様々な形をしていますが、ナイキの説明では安定感と地面を押す推進力が向上するようです。

【かかと】 

f:id:Runrenrun:20190120195038j:plain

かかとは他のシューズと比べると固くない作りになっています。かかとの深さがやや浅いかなと感じますが、慣れれば問題ないです。ソールの踵部の暑さは3.5cmとかなり厚いシューズです。

【重さ】

f:id:Runrenrun:20190120195102j:plain


ズームフライ フライの重さは247g(27.0cm)でした。ライトレーサーTS(233g(27.5cm))と比べると少し重いシューズですが、厚さのあるシューズなので、かなり軽く感じます。 

【履き心地】

履いた感触はソールの厚みがあるので、他のシューズとは感触が異なります。クッション性は今まで履いたシューズで最も高いシューズです。ソールの厚さの割に軽く感じるため、スピードはかなり出ます。フライニットによってシューズのフィット感はかなり高いです。伸び縮みするためと、つま先が少し大きく作られているため通常は27.5cmを履きますが、今回は27.0cmがちょうどよかったです。人によって感触が違ってくるので、試し履きをした方が良いです。

【走った時の感想】

走ってみると普通のシューズとは異なります。飛び跳ねるようにストライドを大きく走るとシューズの恩恵を受けられます。さらにカーボンプレートの反発力を生かすためには、ミッドフットもしくはフォアフットの走りが必要です。走り方としては体の真下に着地ができて、骨盤を使って走る走り方をマスターする必要があります。足が体より前に着地すると、かかとに体重が残り、カーボンプレートの反発力は軽減されてしまいます。

キロ5分程度で走るとほわーんとした感覚があります。ただし、ペースを上げてキロ4分30秒程度で走ると安定性があり、走りやすいシューズです。さらにペースを上げて3分50秒程度で走ると、反発力が大きく得られて、簡単にストライドを大きくして走ることができます。キロ4分~5分ペースが最も最適なシューズですが、さらに速いペースでも対応できそうです。

フォアフットと体幹を使ったフォームによって性能を十分引き出せるシューズになっています。一方でフォームによっては履きこなすのが難しいシューズです。

【まとめ】

軽量かつクッション性も非常に高いシューズです。10km~フルマラソンまで使えそうなシューズです。ただしランニングフォームによってシューズの性能を引き出せない場合があります。フォアフットもしくはミッドフットで走る必要があります。

 実践編はこちら

runrenrun.hatenablog.com

 

第46回 芭蕉の里くろばねマラソンに参加してみた

こんにちは

平成30年12月23日(日)に栃木県大田原市(旧黒羽町)で開催された第46回芭蕉の里くろばねマラソン大会に参加してきました。今回で46回目と長い歴史のある大会です。 

芭蕉の里くろばねマラソン スタート地点の様子

この大会の種目は、10km、5km、3km、2km、2km(親子) があります。今回は10kmにエントリーしました。今回からランネットでエントリーできるようになりました。

10kmのエントリー数は男女含めて約360名、大会全体のエントリー数は約1900名でした。高校生や中学生が多く参加していました。

 

芭蕉の里くろばねマラソンの会場の様子

 

 

【会場】

会場は栃木県大田原市の黒羽運動公園です。最寄りのJR東北新幹線宇都宮線那須塩原駅からシャトルバスが出ており、バスで30分位の場所です。黒羽運動公園の駐車場が利用できます。運動公園へは車で行くのが便利ですが、参加者が多いため道路がかなり渋滞します。十分時間にゆとりを持って行動した方が良さそうです。

黒羽運動公園の様子


運動公園のすぐ脇には「黒羽温泉五峰の湯」という温泉施設もあります。

 

【コース】

 10kmのスタートとゴールは黒羽運動公園になります。ゴールは黒羽運動公園の競技場になります。アップダウンがあるコースでタイムが出にくいコースです。芭蕉の里くろばねマラソンの高低差は以下のとおりです。

 

芭蕉の里くろばねマラソン高低差

スタート~5km

スタートからすぐに15m位の登りになります。登り切るとすぐに急な下りがあり、2km手前まで続きます。2kmからは平坦なようでじわしわと登りのコースになっているので、思ったよりもペースが上がりません。キロ4分20秒位で行くつもりが、4分40秒前後のタイムで苦しい走りになってしました。4km付近から5kmの折り返しまではやや大き目の登りになります。

5km~ゴール

5kmの折り返しから下り基調になります。折り返しすぐにコース唯一の給水所があります。下りに入るとかなりペースが上がって4分20秒位で走れました。8km位まで下り基調が続きます。8kmから少し登って折り返しがあり、左折すると大きな上り入ります。登りは1km程度続き、1kmで50m位登ります。登りではさすがに疲れてキロ5分程度までペースが落ちます。残り500m位で登りが終わり、今度は急な下りになり、競技場に入ってゴールとなります。何とか45分を切れましたが、結構ハードなコースに苦戦しました。

終盤は他の種目の選手が入り乱れるので選手との間隔を注意したいところです。

 

【まとめ】

急な登りと下りがあるコースです。かなりタフなコースなので、ペース配分が重要です。特に最後の1kmの登りはキツイので、要注意です。

 

 

第14回那須烏山マラソンに参加してみた

こんにちは

平成30年12月2日(日)に栃木県那須烏山市で開催された第14回那須烏山ラソン大会に参加してきました。

f:id:Runrenrun:20181231203736j:plain

この大会の種目は、ハーフマラソン、5km、3km、2km、2km(親子) があります。今回はハーフマラソンにエントリーしました。

ハーフマラソンのエントリー数は男女合わせて659名、大会全体のエントリー数は約1,700名でした。混雑しない程度の参加人数で、走りやすかったです。

  

【会場】

会場は栃木県那須烏山市那須烏山市保健福祉センターです。最寄りのJR烏山線大金駅から徒歩で10分位の場所です。駐車場は事前に申し込みが必要で、指定の駐車場に駐車するようになります。

f:id:Runrenrun:20181231204229j:plain

保健福祉センターが解放されていて、更衣室で着替えができます。保健福祉センターは暖かく、冬のレースには大変ありがたいです。

 烏山ふるさと太鼓の応援もあります。

f:id:Runrenrun:20181231204056j:plain

【コース】

 ハーフマラソンのスタートとゴールは那須烏山市保健福祉センターの前になります。コース変更はなく例年と同じコースです。細かいアップダウンが多いコースです。前半は登り基調、中盤は下り基調ですが、終盤は川沿いのコースはフラットになりますが、細かいアップダウンは最後まであります。今回は100分切りに挑戦しました。

 

f:id:Runrenrun:20181231203816j:plain

 

スタート~10km

前半は登り基調なのと体がちょっと重かったのでキロ4分50秒前後の余裕のあるペースで走ります。5km過ぎの大きな登りでペースが落ちてキロ5分、7kmでもキロ5分を超えるペースでなかなかペースが上がりません。8~9kmでも細かいアップダウンがあり、あまりペースが上がらず苦戦します。9kmで折り返して10km地点で49分と100分を切るにはかなり厳しい状況です。

10km~ゴール

10kmを過ぎると体が重かったのがなぜか急激に回復しました。フォームも良くなってペースが上がります。11km~13kmまで下りもあって4分20秒前後までペースを上げて挽回します。100分切りの可能性も大きくなってきました。14km過ぎの大きな登りがありますが、ここで息が上がってこの先は呼吸が苦しくなってきました。残り少なくなってきたので、フォームを崩さないようにしてペースを保ちます。17kmからは川沿いのコースになります。疲れでペースが4分40秒前後に落ちてきますが、このペースをなんとか保てば100分切りを達成できそう。20kmでかなりペースが落ちますが、残り1kmでもう一度立て直してゴール!1時間39分でなんとか100分切り達成です!

後半のペースがかなり上がって100分切りできました。

 

f:id:Runrenrun:20181231204150j:plain

【まとめ】

細かいアップダウンの多いコースですが、走りやすいコースです。下りの区間を上手く走れるとタイムが出るコースです。駅からのアクセスもいいのも魅力的です。ただし電車の本数は多くないです。

 

LYTERACER TS (ライトレーサー TJL436)を購入してみた

こんにちは

 

アシックスのランニングシューズ LYTERACER TS (TJL436-0707)を購入しましたのでレビューします。 LYTERACER TSは練習用のシューズとして有名なシューズです。練習だけではなくキロ4分程度のレースにも使えるシューズです。軽量性があり、耐久性も高いシューズになっています。

 

LYTERACER TS (TJL436-0707)

 

色は「フラッシュイエロー/フラッシュイエロー」と「クラシックレッド/シルバー」「インディゴブルー/インディゴブルー」、「ホワイト/シルバー」の計4色です。今回はフラッシュイエロー/フラッシュイエローを選びました。

【デザイン】

デザインは無難な作りです。

 

LYTERACER TS (TJL436-0707)

 

 【アッパー】

 

LYTERACER TS (TJL436-0707)のアッパー

アッパーのメッシュは素材で、通気性も確保されていて問題はない作りです。

【ミッドソール】

LYTERACER TS (TJL436-0707)の内側

SPEVA®(スピーバ®)という衝撃を和らげると同時に反発性を発揮する素材が使われています。GT-2000やGEL DSトレイナーのようにオーバープロネーションをサポートする機能はありませんが、ミッドソールのクッション性もあるため脚に優しいシューズと言えそうです。

 【ソール】

LYTERACER TS (TJL436-0707)のソール

ソールはセパレートになっています。十字型のアウターソールになっていますが、これによってグリップ力がかなりあります。前足部の厚さは2cm程度でやや薄いソールになっていますが、SPEVAのおかげかクッション性も確保されています。反発性もあり、スピードにも耐えれる構造になっています。耐久性も高く、長く練習に使えるシューズです。

【かかと】 

LYTERACER TS (TJL436-0707)のかかと

樹脂製のヒールカウンターは付いていませんが、硬めのかかとによって安定性は高くなっています。

【重さ】

LYTERACER TS (TJL436-0707)の重さ

ライトレーサーTS の重さは233g(27.5cm)でした。そこそこの軽さなのである程度のスピードには対応できます。キロ4分~4分30秒程度のスピード練習に適しています。

 

【履き心地】

履いた感触は軽く、軽さの割にクッション性は高く感じます。普段の練習にGT-2000を使用していますが、比べ物にならない位軽く感じます。走ってみるとスイスイ脚が出ます。グリップ力が非常に高く、脚がしっかりブレずに前に出る感触がしっかり出ます。キロ3分40秒位までスピードを上げてみても安定した走りが出来ました。練習だけではなく大会にも十分使えるシューズです。クセの少ないシューズなので、すんなり履けるシューズです。

 

【まとめ】

キロ4分程度の練習用のシューズとして最適です。軽量かつクッション性もあるので、ジョグからレースでも使えるシューズです。コスパも高く、耐久性もあるシューズになっています。

 

那須高原ハーフ&ファミリーマラソン2018に参加してみた

こんにちは

平成30年11月25日(日)に栃木県那須町で開催された那須高原ハーフ&ファミリーマラソン2018に参加してきました。

 

那須高原ハーフ&ファミリーマラソン2018会場の様子

 

この大会の種目は、ハーフマラソン、10km、5km、3km(中学生女子と一般女子)、2km(小学生と親子) があります。今回はハーフマラソンにエントリーしました。

ハーフマラソンのエントリー数は467名、大会全体のエントリー数は約2100名でした。ハーフマラソンは走りやすい参加人数でした。

 今年はフルの大田原マラソン那須高原ハーフの合計タイムを競う「鉄人番付」が初めて開催されました。中1日でフルとハーフを走るまさに鉄人です。完走するだけで凄いことです。

 

那須高原ハーフ&ファミリーマラソン2018ゴール地点の様子

 

【会場】

会場は栃木県那須町那須りんどう湖 LAKE VIEWです。最寄りのJR宇都宮線黒磯駅から本数は限られますが、シャトルバスが出ています。りんどう湖 LAKE VIEWの駐車場が利用できます。りんどう湖 LAKE VIEWは大会参加者、応援の方も無料で入園できます。

 

那須高原ハーフ&ファミリーマラソン2018スタート地点の様子

 

 

 

【コース】

 ハーフマラソンのスタートとゴールはりんどう湖 LAKE VIEW内になります。ハーフマラソンコースは序盤の3分1が下り、中盤の3分の1が登り、最後の3分の1が下りのコースになっています。特に中盤の登りはひたすら登りで、下りがないコースになっています。昨年から若干のコース変更がありました。大きな変更ではありませんが、7km手前と18km~19km付近のコースが変更されました。

 

那須高原ハーフ&ファミリーマラソン2018スタート地点

 

スタート~7km

那須りんどう湖 LAKE VIEWをスタートすると下りになります。序盤はキロ4分50秒くらいで入って、途中登りもあるので、登りではスピードを落として中盤の登りまで体力を温存しておきます。6km過ぎの下りで4分20秒くらいまで上げて、7km以降の登りに入ります。若干昨年とコース変更があり、7km手前で小学校内を少し走るコースに変わっています。

7~14km

7kmから登りに入ります。一度、高速道路の下をくぐりる以外はずっと登りが続きます。ペースはキロ5分~5分30秒で、距離が進むごとに傾斜がキツくなってくるので、ラップは落ちていきました。ただ無理せず、息が上がらないペースを保つことを心掛けて走ります。13km付近では最も急坂です。さすがにキロ6分近くまでタイムが落ちました。周りのランナーさん達もスピードはほとんど上がりません。ここを過ぎると、もう少しで下りに入ります。

14km~ゴール

14kmを過ぎると給水所があって、その先を左折すると下りになります。ここからは4分20秒~30秒のペースを保って走りました。登りから下りへのギアチェンジが難しいですが、下り坂を利用すると上手くペースを変えることができます。下りばかりではなく登りもある区間なので、登りでもリズムは変えないことを考えて走りました。19kmからレイクビュー近くの21km手前までは下りが続くので、脚が残っていれば最後にペースアップできます。レイクビュー内に入ってゴール手前に3~4m位の上り坂が待っていますが応援の中学生が声援を送ってくれます。この坂を上るとゴールです。なんとか1時間42分でゴールできました。昨年よりも6分タイムを縮めることができました。

 

 那須高原ハーフ&ファミリーマラソンの高低差は以下のとおりです。

那須高原ハーフ&ファミリーマラソン2018高低差

【まとめ】

下り、登り、下りとコースが7kmごとに変化するので、ギアチェンジが重要です。登りの区間が長くずっと続くので、登りに強いランナーさんには有利なコースかもしれません。かなりタフなコースなので、ペース配分が重要です。

 

 

GEL-DS TRAINER 23を購入したのでレビューしてみた

こんにちは

アシックスのGEL-DS TRAINER 23(TJR463 0796)を購入したのでレビューします。新しいモデルが出るのか、かなり安くなっていたので購入しました。

 

GEL-DS TRAINER 23はサブ4前後のランナー用のシューズです。フルマラソンやハーフ、10kmに使うことができます。また、DYNAMIC DUOMAXが搭載されており、オーバープロネーション用のシューズです。

GEL-DS TRAINER 23

GEL-DS TRAINER 23

前作のGEL-DS TRAINER 22と一番変わった点は、アッパーの部分です。ほぼ一新されています。Adaptメッシュが搭載されて、フィット性と通気性が上がっています。

 

GEL-DS TRAINER 23のかかとのヒールカウンター

前作同様、プラスチック製のヒールカウンターによってかかとが硬くなっており、安定性は高くなっています。 

GEL-DS TRAINER 23のアウトソール

GEL-DS TRAINER 23は、セパレートソールになっています。TARTHERZEALなどにも使われているDUOSOLEが採用されているのでグリップ力もあります。足の真ん中のプラスチック製のトラスティックによってシューズの剛性が高まり、安定性が高まっています。

 GEL-DS TRAINER 23


 ミッドソールには前作同様に『FlyteFoam』が採用されています。軽量かつクッション性に優れたシューズになっています。

 

GEL-DS TRAINER 23の重さ

重さは実際に測ってみると233g(27.5cm)でした。前作(GEL-DS TRAINER 22)とほぼ同じ重さになっています。

履いてみた感想

程よい軽さとクッション性を備えた履きやすいシューズになっています。Adaptメッシュによって通気性が高く、冬に履くとスースーします。通気性の良い証拠です。ただし前作と比較すると、少しシューズが硬く感じます。アッパー全体が変わったため、前作とフィット感も違っているので、試着した方がよいでしょう。

オーバープロネーション用のシューズのため、土踏まずの辺りをしっかりと支えてくれます。オーバープロネーションのランナーにはいいシューズです。ただし、プロネーションによっては足裏に違和感を感じる方もいるかもしれません。その際は、無理して履き続けないで、別のシューズを選んだ方が故障を防ぐことができます。