とりあえずブログ

アラフォーランナーがサブフォーを目指すブログ

【3回目】第36回円谷幸吉メモリアルマラソンに参加してきた

【スポンサーリンク】

こんにちは

平成30年10月21日(日)に福島県須賀川市で開催された第36回円谷幸吉メモリアルマラソン大会に参加してきました。昨年は欠場したので2年ぶりの参加になります。先日の鶴ヶ城ハーフマラソンではあまりいい走りができなかったので、今回はいい走りをしたいところです。

 

須賀川アリーナの円谷幸吉メモリアル

 

この大会の種目は、ハーフマラソン、10km、5km、3km、2km、1.4km(親子) があります。今回はハーフマラソンにエントリーしました。

ハーフマラソンのエントリー数は675名、大会全体のエントリー数は約3500名でした。多すぎないエントリー数で走りやすい人数です。

 

 

 

【会場】

会場は福島県須賀川市須賀川アリーナです。最寄りのJR東北本線須賀川駅からシャトルバスが出ており、バスで10分程度です。駐車場は指定駐車場からシャトルバスが出ています。シャトルバスは頻繫に出ているので、あまり待たずに利用できました。

 

円谷幸吉メモリアルマラソン会場の様子

 

須賀川アリーナの中が解放されてます。そこで荷物を置くこともできます。出店も何件か出ています。

【コース】

ハーフマラソンのスタートとは須賀川アリーナ脇の橋の上になります。ゴールは須賀川アリーナに正面入り口になります。ハーフマラソンコースはアップダウンが大きいコースなので、タイムを出すのは難しいコースです。今回は前半抑えて、後半勝負のレースを狙います。

 

 

スタート~10km

スタートから1km過ぎまでは平坦ですが、すぐに登りになります。勾配は結構キツイので、あまり脚を使わないようにします。3km手前で下りになるので、スピードがでますが、この先細かいアップダウンが続きます。短いですが勾配が結構ある坂が続きます。

序盤は少し抑え目に走ってキロ5分10秒くらいのペースを保ちましたが、体が重くなかなかペースが上がりません。このままだとかなり遅いタイムになりそう。。。

5キロを過ぎると大きな道路に出ます。この先もアップダウンがありますが、傾斜は小さくなりますが、長く大きな坂が続くアップダウンになります。

10km手前の大きな坂はかなりキツイです。大きな坂ではペースを落として、脚をなるべく使わないようにしました。

  

10km~ゴール

10kmの坂を越えると、側道を下って立体交差をくぐると折り返しになります。折り返した位から体が軽くなって、4分50秒くらいまでラップが良くなってきました。でも、このままだと1時間47~8分のタイム、もうちょいペースを上げます。

後半に入って、登りでもペースを落とさないようにして、ペースを維持します。13km手前の大きな坂を利用してペースアップが出来たので、これ以降は4分30秒~40秒のペースを維持できました。 

18km手前くらいから市街地に戻ってきますが、道の舗装がガタガタで足裏に疲労が溜まります。応援も多くなるので、最後の頑張りどころです。19km手前の下りを越えると後はフラットになります。最後のラストスパートで何人か抜いてゴール。なんとか1時間45分を切ってフィニッシュ。あまりいい走りはできませんでしたが、後半はなんとか挽回できたのと自己のコースレコードは収穫です。

 

【まとめ】

アップダウンが多いコースなので、登りと下りの切り替えが大事なコースです。走りごたえのあるコースです。会場には円谷幸吉メモリアルホールもあるので、東京オリンピックが近づくとさらに盛り上がりそうな大会でした。

 

円谷幸吉メモリアルホール入り口の様子