読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえずブログ

アラフォーランナーがサブフォーを目指すブログ

極寒のマラソントレーニング対策をまとめてみた

【スポンサーリンク】

こんにちは

 

寒さも本番の季節ですがトレーニングも手を抜くことはできません。寒い時期は体が温まらないと、いい走りができなくなり、故障にもつながる恐れあります。筆者は場所柄0℃以下でのトレーニングもすることがあります。氷点下でも走る防寒対策をまとめてみました。

 

1.ウィンドブレーカー

 風や寒さから身を守るウィンドブレーカーは必須です。

寒さがあまり厳しくない地域では薄手のタイプでも十分対応可能ですが、寒さが厳しい地域では厚手のタイプがお勧めです。

裏地が起毛のタイプは走っているうちに服の中が暑くなるので好みが分かれますが、非常に寒い日は重宝します。少し寒い位の場合は起毛の有無よりもTシャツなどのインナーで調整するのがよいでしょう。

 

 

番外 足が温まらない時 ウィンドブレーカー2枚履き

上半身は着込むことである程度は体を温めることができますが、下半身はあまり着込むことができません。そこで薄手のウィンドブレーカーもしくはジャージを履いてその上に厚手のウィンドブレーカーを履くと、足の寒さ、とくに太ももとふくらはぎの寒さを防ぐことができます。

 

2.インナー

 インナーはTシャツを2枚重ねで着ることや長袖のTシャツを着ることで十分対策可能です。ただし20km~30km以上はしるロング走では汗冷えしてしまうこともあるので、インナーとしてファイントラックのドライレイヤーのスキンメッシュがお勧めです。トレーニングだけではなく、冬場の大会のインナーとしても使えます。

 

下半身のインナーは機能性タイツやゲイターも有効です。しかし機能性がある反面高価なので、より安いレッグウォーマーもおすすめです。レッグウォーマーの方が締め付けが少なくなります。

 

 

 

3.手袋

 私は普通の手袋を使用しています。厚手の手袋でもよいと思いますが、走っていると結構指先まで温かくなるので、普通の手袋でも十分です。

 

4.帽子

 帽子は非常に寒い日は重宝します。特に耳が寒くなるので、耳が隠れるニット帽が良いと思います。

 

 

5.靴下

 靴下は厚手のタイプがおすすめです。またふくらはぎが冷えてしまうと、アキレス腱を痛める恐れもあるので、ハイソックスやレッグウォーマーも非常に有効です。

 

6.風の強い日、雪の日

風の強い日は通常よりも体温を奪われます。走って体を温めても、すぐに冷えてしまいます。あまりに風の強い日は重ね着で対応するか、練習を休むのも一つの手です。雪の日も滑って転倒や雪でシューズが濡れてしまい足先が冷えてしまうので、やっぱり休んだ方がいいと思います。