読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえずブログ

アラフォーランナーがサブフォーを目指すブログ

ついに「wristablegps SF-850PW」を購入してみた

【スポンサーリンク】

こんにちは

 

先日のランステ、プレ東京30kmでGPSウォッチを持たずに距離がわからなくなったので、ついにGPSウォッチを購入してみました。もはやランナーにはGPSウォッチは必須アイテムです。

 

選んだのはEPSONWristablegpsの新製品であるSF-850PWです。

 

なぜSF-850を選んだ理由は

  • 手首で心拍数が測れる。
  • 最大酸素摂取量(VO2max)が測定可能
  • 動作時間が長い。約20時間(脈拍計測オン時)約24時間(脈拍計測オフ時)
  • バイブレーション機能が付いている。
  • 国内メーカーのエプソンブランド
  • 前(SF-810)よりは進化してんじゃね?
  • みんなガーミンばっかりだから違うの使ってみたい などなど

なんかが主な理由です。

色は黒と悩みましたが、白にしてみました。なかなかいい感じです!

wristablegps SF-850PW

汚れは目立つかもしれませんが水洗いOKです!

前作のSF-810のネットでの評価では画面が見にくいとありましたが、SF-850では液晶の視野角が広がったせいか、斜めから見ても見えやすく、ランニングしながらでも全く問題はありませんでした。やはり進化してます。

重さは50g程度なので重くは感じませんでした。

 

心拍計はセンサーが2個付いてます。

wristablegps SF-850PW 裏

一度使ってみましたが、気温5℃でもエラーなく動きました。バンドも動かない程度で固定すればエラーは出ませんでした。ギチギチにする必要もないかもしれません。心拍数のゾーンを越えたり下回った時にはバイブで知らせてくれるので、心拍トレーニングも簡単にできます。

VO2maxはやや甘めに出る感じがします。VO2maxから計算されたフルマラソンハーフマラソン、10km、5kmの予測タイムも出ますが、ちょっと届きそうにないタイムが出てきます。まだ出し切れていない潜在能力があるということにしておきます。

 

動量計機能も付いているので、生活の中での心拍数などのデータも取ることができます。

wristablegps SF-850PW 裏 ライト

写真はライト点灯時です。

 

他にもピッチ数、ストライド、標高、累積上昇高度、累積下降高度なども測定できます。

 

特に心拍トレーニングをする方には十分なスペックではないでしょうか。私は購入して大満足の一品でした!!これから長野マラソンに向けて使いこなしていきます!