とりあえずブログ

アラフォーランナーがサブフォーを目指すブログ

GERMIN ForeAthlete935とEPSON SF-850PJ/PS/PCを比較してみた

【スポンサーリンク】

 こんにちは

2017年5月に発売されたGERMIN ForeAthlete935EPSON SF-850PJ/PS/PCを比較してみました。

  ForeAthlete935 EPSON SF-850PJ/PS/PCS
発売日 2017/5/18 2017/1/19
価格 amazon 2017/6/2現在 56,961円 29,252円
厚さ 13.9mm 14.2mm
重さ 約49g 約55g
防水機能 5気圧防水 5気圧防水
動作時間 GPS/HRモード:最大21時間 約20時間(脈拍計測オン時)
ディスプレイ カラー モノクロ
加速度計
光学式心拍計
心拍ゾーン 5段階 5段階
V02max機能
レース予想タイム 5km、10km、ハーフ、フルマラソン 5km、10km、ハーフ、フルマラソン
ピッチ / ストライド計測
ライフログ
ランニングダイナミクス
トレーニングステータス
乳酸閾値 ▲(HRM4-RunまたはHRM-Triが必要)
サイクリング機能
スイム機能
ゴルフ機能

 

測定面

両者とも光学式心拍系を搭載しているので、心拍数やVO2Maxも測定可能です。

HRM-RunまたはHRM-Triが必要になりますが、乳酸閾値 ForeAthlete 935で測定が可能です。

動作時間はほぼ同じです。以前はEPSONの方が動作時間が優れていましたが、ガーミンが追い抜いてきました。以前とは大きく変わった点の一つです。

ForeAthlete 935は、ランニングダイナミクスポッドを使えばランニングダイナミク(スケイデンス、上下運動、接地時間、接地時間バランス、歩幅、上下動比)も測定可能です。スイム機能ゴルフ機能も付いています。

分析面

トレーニングやランニングフォームの分析はガーミンにしかない機能です。

ランニングダイナミクストレーニングステータスの2つは特に利用価値の高い機能です。

ランニングダイナミクス

ケイデンス、上下運動、接地時間、接地時間バランス、歩幅、上下動比を測定できます。ランニングフォームの分析が可能です。

トレーニングステータス

過去7日間の履歴からトレーニングの効果やオーバーワークになっていないかを判断することができます。

 

感想

機能面ではForeAthlete935の方がかなり優れていますが、価格は ForeAthlete 935EPSON SF-850PJ/PS/PCSの2倍近い価格になっています。ランニングのデータをより必要とするアスリートや、水泳、バイクをやるトライアスロンの方には ForeAthlete 935の方が絶対おすすめになります。

ForeAthlete935はハイスペックすぎるので、もうちょっと手軽な方がよい方にはEPSON SF-850PJ/PS/PCSForeAthlete 235Jの方が良いかもしれません。