とりあえずブログ

アラフォーランナーがサブフォーを目指すブログ

EPSON WristableGPSは終焉なのか?新機種登場なのか?

【スポンサーリンク】

こんにちは

 ガーミンは新機種のForeAthlete 945と245が発売されるなど元気があります。ガーミンのライバルであるEPSONはどうでしょうか。EPSONは2年前に機種を発表した後は、新機種は出ていません。

 

ECサイトの異変

ネット上では異変が現れています。アマゾンを始め、主要なECサイトではほとんどEPSON WristableGPS在庫切れになっています。

6月16日現在、EPSONの自社販売サイトのエプソンダイレクトでも廉価版のQ10のみの販売しかありません。主力のJ-300、J-350の販売はされていません。

この理由としては2つ考えられます。1つは新機種発売のため現行機種の在庫を一掃が考えられます。もう1つは、WristableGPSの開発、販売の終了が考えられます。新機種発売か、販売の終了か、正式なEPSONからの発表はまだありません。

EPSONのHP から見るWristableGPSの現状

しかし、EPSONのホームページから、ヒントになりそうな記事を見つけました。

1.エプソンスクエア丸の内の展示

 5月30日に有楽町の駅からすぐの場所にエプソンスクエア丸の内をグランドオープンさせています。エプソンスクエア丸の内はエプソン商品のショールームです。エプソンのウォッチも展示されているようです。

www.epson.jpしかし、ウォッチの展示物にWristableGPSの名前はありません。他のブランドのTRUMEやORIENT STAR、ORIENT、スマートキャンバスはありますが、WristableGPSのみ無いのです。もはやWristableGPSは主力の事業ではないのでしょうか?

 

2.中期経営計画からみるWristableGPSの現状

EPSONのホームページに中期経営計画が載っています。

www.epson.jp   

 中期経営計画ページの下の方にある説明会資料の20ページ目に重要な記述を発見しました。「スポーツウオッチは期待通りに進まず」とあります。WristableGPSは苦戦を強いられていたことを認めています。 さらにエプソン独創技術を活かした付加価値の高いアナログウオッチ領域に資源を集中」とも書いてあります。WristableGPSよりもアナログウォッチ事業に力を入れると読み取れます。WristableGPSはどうなってしまうのでしょうか?

 

 私が、3年前に買ったWristableGPSはまだまだ現役で頑張ってくれています。

 

runrenrun.hatenablog.com

 電池の持ちも3年前とほとんど変わらずトラブルもなく動いてくれています。次の新機種の内容によっては買い替えようかと考えていましたが、望みは薄いのかもしれません。

終焉か新機種か、WristableGPSの新たな展開を見守りたいと思います。