とりあえずブログ

アラフォーランナーがサブフォーを目指すブログ

【まさかの失速】第28回仙台国際ハーフマラソンに参戦してきた

【スポンサーリンク】

こんにちは

平成30年5月13日(日)に宮城県仙台市で開催された第28回仙台国際ハーフマラソンに参加してきました。今回で4回目の参加になります。今回は前日寝つきが悪く3~4時間くらいの睡眠時間で、睡眠不足な感じの大会になってしまいました。

 

第28回仙台国際ハーフマラソンの会場の様子

 

この大会の種目は、ハーフマラソン、5km、2kmです。今回はハーフマラソンにエントリーしました。ハーフマラソンの会場は弘進ゴム アスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場)、5kmと2kmは榴岡公園が会場となります。

ハーフマラソンの参加者数は約11,000名で大規模な大会になります。

 

第28回仙台国際ハーフマラソンの会場の弘進ゴム アスリートパーク仙台

 

 

【会場】

会場は宮城県仙台市の弘進ゴム アスリートパーク仙台です。ネーミングライツ仙台市陸上競技場から名前が変更になりました。最寄りのJR仙石線宮城野原駅から徒歩5分位、仙台駅からも徒歩で20分位の場所です。

 

 

第28回仙台国際ハーフマラソンの会場近くの様子

 

【コース】

 ハーフマラソンのスタートは弘進ゴム アスリートパーク仙台の南側の路上とゴールは弘進ゴム アスリートパーク仙台のトラック内になります。大きなアップダウンは少ないですが、前半は登り基調、中盤は下り基調、終盤ほぼ平坦なコースです。終盤に跨線橋を2回越えるところが勝負所です。

 

レース前

前日に寝つきが悪く3~4時間の睡眠時間でした。コンディションはかなり悪いかったです。レース前のウォームアップでは体が重かったですが、何回かウィンドスプリントをすると徐々に体が動くようになってきました。1か月前に長野マラソンも走っているし、スタミナは持つはずなので、なんとかなるだろうと思ってスタートラインにつきました。

スタート~8km

序盤はランナー渋滞と体調を見極めたくて余裕を持ってレースをすすめました(キロ5分30秒くらい)。2kmすぎで道路が広くなったところでペースアップしました(キロ4分50秒前後)。やや体は重く感じますが、安定してラップを刻んでるので、このままのペースを維持しました。汗をかなりかいていたので、4kmの給水所では水を2杯飲んでます。

8km手前の折り返しでもペースを維持できたので、レースの3分の1を過ぎてこのまま押し切れそうな展開になってきました。

8km~15km

8kmを過ぎると下りに入ってきます。ここでペースアップを狙います。10kmからキロ4分40秒を目安に走ろうとしますが、ペースは上がらず。。。下りを利用してもペースは一向に上がりません。ちょっと暗雲が立ち込めます。しかしキロ4分50秒前後のペースは依然保たれているので、ペースは無理に上げず、最後に余力を残す作戦にシフトします。

11km位からあるランナーさんと並走するようになります。意識していたわけではないのですが、ペースが同じなので、抜いても追いつかれ、抜かれても追いつきをここから繰り返します。

 

15km~ゴール

かれこれ4km位並走していましたが、15km過ぎの跨線橋の下りを使ってペースアップをして突き放そうとしましたが、また追いつかれ、17km過ぎでまたペースアップしますが、18kmで追いつかれます。18kmの給水所でランナーさんが前に出ると、ここで体が重くなり全く付いていけなくなりました。17kmでキロ4分38秒まで上げたのが災いして、ここから3km余りはキロ5分10秒と失速していきました。

フルマラソンの練習をしていたので、まさかハーフで失速するとは。。。寝不足は怖いです。3kmはかなり苦しい走りになりましたが、なんとかゴール。なんだかんだで昨年よりは20秒ほどタイムは良かったです。体調が良ければ自己ベストも狙えたのに勿体ないレースになりました。

 

【まとめ】

 やはり寝不足では力は発揮できません。前日はカフェインを摂らないなどの工夫が必要と感じました。走っていい寝不足と、走ってダメな寝不足があるそうです。

走っていい寝不足は、布団の中でじっとして体を休ませている場合です。

走ってダメな寝不足は、仕事や遊びで寝ていない場合です。

今回は前者だったので、走ってみました。ただあまりいいことじゃないですね。