とりあえずブログ

アラフォーランナーがサブフォーを目指すブログ

EPSON WristableGPS U-350、J-350、 J-300、 SF-850、 J-50などの比較してみた

【スポンサーリンク】

こんにちは

エプソンのWristable GPSの比較をしてみました。

比較対象は以下の9機種になります。

U-350BS』、『J-350B/F』、『 J-300T/B/W』、『 SF-850PJ/PS/PC』、『 J-50K/B/T』、『 SF-720B/G/W』、『 SF-120B/G/R』、『 Q-10G/P/B』、『 MZ-500MS/L/Y/B/S

大まかに機能を表にまとめました。

  U-350BS J-350B/F J-300T/B/W SF-850PJ/PS/PC J-50K/B/T SF-720B/G/W SF-120B/G/R Q-10G/P/B MZ-500MS/L/Y/B/S
動作時間 GPS計測+脈拍計測 約36時間 約36時間 約16時間 約20時間 約10時間
GPS計測 約42時間 約42時間 約20時間 約24時間 約13時間 約30時間 約10時間 約13時間 トレッキング(高精度モード、GPS毎秒測位) 約46時間トレッキング(長時間モード、GPS間欠測位) 約110時間ランニング(GPS毎秒測位)約40時間
脈拍計測 オプション対応 オプション対応 オプション対応
機能 VO2max(推定計測) オプション装着時
リカバリータイム
トレーニング効果
ナビゲーション
種目 ラン
バイク
トレッドミル
トライアスロン
プールスイム(脈拍計測)
トレッキング
スマートフォン連携

 

機能の比較

脈拍計測

脈拍計測がある機種

U-350BSJ-350B/F J-300T/B/W SF-850PJ/PS/PC J-50K/B/T

 

廉価版のSF-120B/G/R、 Q-10G/P/Bやトレッキング用のMZ-500MS/Lには脈拍計測は付いていません。

 

リカバリータイムとトレーニング効果

リカバリータイムは、ワークアウト後のコンディション回復までの時間の目安を表示してくれる機能です。トレーニング効果は、実施したワークアウトの効果を確認できる機能で、心肺能力の維持や向上にどの程度効果があるか示してくれます。両方の機能ともトレーニングの指標として役に立ちます。

 

リカバリータイムとトレーニング効果の機能がある機種

U-350BSJ-350B/FJ-300T/B/W

トレーニング効果のみ機能がある機種

J-50K/B/T

 

トライアスロン

トライアスロン機能がついているのは3機種、

U-350BSJ-350B/FJ-300T/B/W

 

 

まとめ

バランスに優れた J-300T/B/W

 

J-300は、心拍計が内蔵さており、VO2max(最大酸素摂取量)も測定できます。トライアスロンでも使用できます。リカバリータイムトレーニング効果機能も付いており、WristableGPSでの機能は全て搭載しています。上位機種のJ-350との違いは作動時間と防水機能です。ディスプレイにはEasyView Displayを使用して、直射日光やサングラス越しでも見えやすくなりました。スマホとの連携ができるようになり、スマホの音楽アプリの操作や着信が受け取れるようになっています。

 

機能は充実 J-50K/B/T

J-50は、心拍計が内蔵されており、VO2max(最大酸素摂取量)も測定できます。トレーニング効果機能も付いており、トレーニングの参考になりそうです。スイミングには使用できませんが、ランニングしかしない人には十分な機能があります。スマホとの連携もできます。色はターコイズブルーとブラック、カーキの3色になります。 ただし、上位のJ-300とは3,000円位しか変わらないので、J-300を選ぶのもいいかもしれません。

 

とりあえずGPS Q-10G/P/B

Q-10は機能は最小限しかなく、GPS機能と活動量測定のみになります。その分13,000円程度とかなり価格も抑え目になっています。トレッドミルでも使用可能です。ランニングを始める初心者ランナーで、とりあえずGPSウォッチを買おうかなと考えて方にはお勧めです。

ウルトラマラソンなど長時間の計測 J-350B/F

J-350は、機能的にはJ-300とほぼ同じです。大きく変わるのが計測時間で、GPS+脈拍計測で36時間とJ-300の16時間、J-50の10時間を大きく上回ります。ウルトラマラソンロングトレイルを走るランナーにはお勧めの機種です。

より機能はJ-350と同じで、デザインがスタイリッシュな機種のU-350BSもあります。

 機能の詳細は以下の表になります。

  U-350BS J-350B/F J-300T/B/W SF-850PJ/PS/PC J-50K/B/T SF-720B/G/W SF-120B/G/R Q-10G/P/B MZ-500MS/L/Y/B/S
サイズ(厚さ) 15.7mm 15.7mm 13.4mm 15.2mm 14.1mm 15.2mm 14.1mm 14.1mm 17.6mm(MS/L/Y)16.5mm(B/S)
重量 約64g 約62g 約51g 約55g 約42g 約54g(SF-720B/G)約52g(SF-720W) 約46g(SF-120B)約44g(SF-120G/R) 約40g 約72g(MS)約67g(L/Y)約65g(B/S)
動作時間 GPS計測+脈拍計測 約36時間 約36時間 約16時間 約20時間 約10時間
GPS計測 約42時間 約42時間 約20時間 約24時間 約13時間 約30時間 約10時間 約13時間 トレッキング(高精度モード、GPS毎秒測位) 約46時間トレッキング(長時間モード、GPS間欠測位) 約110時間ランニング(GPS毎秒測位)約40時間
活動量計 最大約10日間 最大約10日間 最大約5日間 最大約60時間 最大約2日間 最大約7日間 最大約5日間 最大約10日間 最大約24日間
時計 最大約60日間 最大約60日間 最大約30日間 最大約16日間 最大約30日間 最大約16日間 最大約6日間 最大約30日間 最大約30日間
防水性能 10気圧(100m)防水 5気圧(50m)防水 10気圧(100m)防水
EasyView Display
脈拍計測 オプション対応 オプション対応 オプション対応
機能 オートポーズ
オートラップ
トレーニング レース
トレーニング 目標ペース
トレーニング 目標距離
トレーニング 目標時間
トレーニング インターバル
トレーニング 目標心拍 オプション装着時
ラソン予測タイム オプション装着時
VO2max(推定計測) オプション装着時
リカバリータイム
トレーニング効果
活動量計 PULSENSE機能 PULSENSE機能 PULSENSE機能 PULSENSE機能 PULSENSE機能 簡易活動量計機能 簡易活動量計機能 簡易活動量計機能 簡易活動量計機能
ラップ記録数(1計測あたり) 最大400件 最大400件 最大400件 最大400件 最大200件 最大400件 最大200件 最大200件 最大100件(ランニング)
ナビゲーション
種目 ラン
ウォーク
バイク
トレッドミル
インドアラン・バイク
トライアスロン
プールスイム(脈拍計測)
オープンウォータースイム(GPS計測)
トレッキング
通知機能
振動
スマートフォン連携 データ自動アップロード
着信通知
ミュージックコントロール

出典:EPSON ホームページより