とりあえずブログ

アラフォーランナーがサブフォーを目指すブログ

第29回会津若松市鶴ヶ城ハーフマラソンに参加してみた

【スポンサーリンク】

こんにちは

平成29年10月1日(日)に福島県会津若松市で開催された第29回会津若松市鶴ヶ城ハーフマラソンに参加してきました。

f:id:Runrenrun:20171009141444j:plain

鶴ヶ城ハーフマラソン会場

この大会の種目は、ハーフ、10km、5km、3km、2km(小学生)、1km(車いす)があります。今回はハーフマラソンにエントリーしました。

ハーフマラソンのエントリー数は2,519名、大会全体のエントリー数は7,898名と過去最多のエントリーとなったようです。

ゲストランナーは男子長距離界の実力者佐藤悠基選手と女子の土井友里永選手でした。駒澤大学からもゲストで板橋賢吾選手、紺野凌矢選手、中村大聖選手の3選手が出場しました。

 

【会場】

スタートとゴールは会津若松市会津総合運動公園です。会津若松市内や会津若松駅からのシャトルバスで15分位です。会場から離れた場所になりますが、数か所駐車場があり、そこからもシャトルバスが運行されていました。

鶴ヶ城ハーフマラソン会場の会津総合体育館の様子

駅からのシャトルバスはかなり混んでいて、待たされます。かなり早めに余裕をもってバスに並ばないと遅れる可能性もあるので要注意です。

会場の会津総合運動公園にはいろいろな無料の試食ブースなども立ち並んでおり、応援に来た方も楽しめます。

手荷物の預り所も用意されていますが、かなり混雑するので、早めに預けた方がいいです。

鶴ヶ城ハーフマラソン会場の会津総合運動公園の様子

【コース】

 ハーフマラソンのスタートとゴールは会津総合運動公園になります。

 

1km~10km

 基本的に平坦なコースですが、3km過ぎに大きな跨線橋のアップダウンがあります。田んぼの道などがあるのどかなコースです。アップダウンが少ない代わりに直角コーナーと細い道が多く、ランナーが密集すると走りにくい箇所もありました。

10km~15km

10kmを過ぎたくらいから市街地になります。市街地もコーナーが多いです。一度鶴ヶ城の脇を通り抜けて、会津若松市のメーンストリートの神明通りを走り、14kmの手前で折り返します。14kmを過ぎて会津若松市役所を過ぎてすぐの角を曲がると、鶴ヶ城天守閣が前方に見えます。

15km~ゴール

15kmを過ぎるとお堀に沿って走り、北の丸から鶴ヶ城内を走ります。長い距離ではありませんが、城内を走れる大会はなかなかないので面白いです。18kmを過ぎると最後の難関の登りが待っています。約2kmで30m登ります。だらだらとした登りがかなり足に堪えます。シーズンの序盤の大会なので、走り込みも不足していたので、この登りは厳しい走りになりました。登り切って、一旦運動公園を通り過ぎてから折り返し、競技場内に入ってゴールになります。

【まとめ】

鶴ヶ城内を走れる点が良かったです。ラストの2kmの登りはかなり厳しかったです。

シャトルバスには十分時間に余裕を持って乗った方がよいです。