とりあえずブログ

アラフォーランナーがサブフォーを目指すブログ

ガーミンForeAthlete 35J、 235J、630J、735XTJ、935を比較してみた

【スポンサーリンク】

こんにちは

GPSランニングウォッチの最大手はガーミンです。GARMINGPSウォッチからGARMIN ForeAthlete 35J、235J、630J、735XTJ、935の4つ機種の機能をガーミンのHPページの仕様から比較してみました。

まずは基本の機能についてまとめてみました。

みちびき対応や自動停止、自動ラップ、加速度センサーはすべて対応しています。

心拍計はForeAthlete 630J以外は内蔵されています。逆にタッチパネルはForeAthlete 630Jのみ対応しています。心拍計の胸バンドはForeAthlete 630J、ForeAthlete 735XTJ、ForeAthlete 935の3つのみ対応です。スイムはForeAthlete 735XTJ、ForeAthlete 935が対応しています。

  ForeAthlete 35J ForeAthlete 235J ForAthlete 630J ForeAthlete 735XTJ ForeAthlete 935 Black
みちびき
自動停止
自動ラップ
心拍計内臓 ×
心拍計胸バンド × ×
加速度計センサー
標高 ×
バイブレーション ×
タッチパネル × × × ×
スイム対応 × × ×

 

次に機能の詳細をまとめてみました。

 重さは35Jが37.3gと最も軽く、ForeAthlete 935が49.5gと最も重くなっています。235Jと630J、735XTJは40g程度で935よりはやや軽くなっています。画面の大きさはあまり変わりませんが、解像度はForeAthlete 935が240 x 240ピクセルと最も大きく35Jの3.5倍、235Jと630J、735XTJの1.5倍の解像度があります。
 稼働時間は35J、235J、630J、735XTJでは10時間前後ですが、935は21時間あり、ウルトラマラソンなどをやる人にはうれしい機能です。
 630J、735XTJ、935はアドバンスドランニングダイナミクス、乳酸閾値、パフォーマンスコンディションの各項目を測定できますが、測定には胸部の心拍ベルトのハートレートセンサー HRM-RunまたはがハートレートセンサーHRM-Tri必要になります。

 

  ForeAthlete 35J ForeAthlete 235J ForAthlete 630J ForeAthlete 735XTJ ForeAthlete 935 Black
本体サイズ 35.5 x 40.7 x 13.3 mm 45 x 45 x 11.7 mm 45 x 45 x 11.7 mm 44.5 x 44.5 x 11.9mm 47 x 47 x 13.9 mm
重量 37.3g 42 g 44 g 40.2 g 49 g
ディスプレイ 23.5 x 23.5 mm / 128 x 128 ピクセル / モノクロ 直径 1.23インチ(31.1mm) / 215 x 180 ピクセル 直径 1.23インチ(31.1mm) / 215 x 180 ピクセル 直径 1.23インチ(31.1mm) / 215 x 180 ピクセル 直径1.2インチ(30.4 mm) /240 x 240 ピクセル
稼働時間 トレーニングモード:最大13時間(光学式心拍計オン+GPSオン) トレーニングモード(GPSGLONASS):約9時間 トレーニングモード(GPSGLONASS):約12時間 GPS+GLONASS+光学式心拍計:約10時間 GPS/HRモード:最大21時間 
防水機能 50m防水 50m完全防水 50m防水 50m完全防水 50m防水
加速度計
光学式心拍計 ×
カラーディスプレー ×
自動ポーズ
自動ラップ
自己ベスト
バーチャルペーサー ×
心拍数ベースのカロリー計算
消費カロリー
スクリーンカスタマイズ
ワークアウト ×
VO2Max ×
リカバリーアドバイザー ×
予想レースタイム機能 ×
アドバンスドランニングダイナミクス × ×
接続機能
ステップ数
自動ゴール
ムーブバー
睡眠モニター
ペースアラート ×
Connect IQ ×
ストレススコア × ×
乳酸閾値 × ×
パフォーマンスコンディション × ×

ハートレートセンサー HRM-RunまたはハートレートセンサーHRM-Tri使用時 ▲ ハートレートセンサーHRM-Run、ハートレートセンサーTriまたはRunning Dynamics Pod使用時

 性能の出典はすべてGARMINのホームページです。

 

まとめ

GPSウォッチ迷ったらコレ ForeAthlete 235J

初心者から中級者向けの機種です。胸バンドが未対応なので、アドバンスドランニングダイナミクスや乳酸閾値は測定できませんが、ランニングに必要な機能は十分備えています。初めて買うならコレがお勧めです。

安さを求めるならコレ ForeAthlete 35J

GPS心拍計が内蔵されている機種です。VO2Maxなど対応していない測定項目は多いですが、心拍数が測れるGPSウォッチを安く手に入れたい方にはお勧めです。

 

トライアスリート向けならコレ ForeAthlete 735XTJ  ForeAthlete 935 Black

スイムに対応しているのはこの2機種です。起動時間に違いがあるので、選ぶポイントになります。

 

全部乗せならコレ ForeAthlete 935 Black

ガーミンの最上位モデルです。載せれる機能はほとんど入っている機種です。価格が高いのが難点ですが、フラッグシップモデルだけに満足度は高いのではないでしょうか。