とりあえずブログ

アラフォーランナーがサブフォーを目指すブログ

GARMIN ForeAthlete 230J、235J、630J、735XTJを比較してみた

【スポンサーリンク】

こんにちは

GPSウォッチの最大手のガーミンですが、新製品が多く出ています。
ガーミンのHPページの仕様からGARMIN ForeAthlete 230J235J630J735XTJの機能の比較してみました。



各項目を見ると、一番の違いは光学式心拍計の有無でしょう。235J735XTJには光学式心拍計がついていますが、230J630Jにはついていません。
230J630Jではオプションの心拍計を使うことで心拍数を測ることができます。
本体サイズやディスプレイには大きな差はありません。
重量は最大で4g程度の差なので大きな差ではないようです。
稼働時間は光学式心拍計のある235J735XTJでやや短くなっています。
注意したい点は、測定には胸部の心拍ベルトのハートレートセンサー HRM-RunもしくはハートレートセンサーTriが必要な項目があります。630J、735XTJで測定できるアドバンスドランニングダイナミクス、乳酸閾値、パフォーマンスコンディションの各項目はハートレートセンサー HRM-RunまたはがハートレートセンサーHRM-Tri必要になります。

  ForeAthlete 230J ForeAthlete 235J ForeAthlete 630J ForeAthlete 735XTJ
本体サイズ 45 x 45 x 11.7 mm 45 x 45 x 11.7 mm 45 x 45 x 11.7 mm 44.5 x 44.5 x 11.9mm
重量 41 g 42 g 44 g 40.2 g
ディスプレイ 直径 1.23インチ(31.1mm)/ 215 x 180ピクセル 直径 1.23インチ(31.1mm) / 215 x 180 ピクセル 直径 1.23インチ(31.1mm) / 215 x 180 ピクセル 直径 1.23インチ(31.1mm) / 215 x 180 ピクセル
稼働時間 トレーニングモード(GPSGLONASS):約12時間 トレーニングモード(GPSGLONASS):約9時間 トレーニングモード(GPSGLONASS):約12時間 GPS+GLONASS+光学式心拍計:約10時間
防水機能 50m防水 50m完全防水 50m防水 50m完全防水
加速度計
光学式心拍計
カラーディスプレー
自動ポーズ
自動ラップ
自己ベスト
バーチャルペーサー™
心拍数ベースのカロリー計算
消費カロリー
スクリーンカスタマイズ
ワークアウト
VO2Max
リカバリーアドバイザー
予想レースタイム機能
ランニングダイナミクス
接続機能
ステップ数
自動ゴール
ムーブバー
睡眠モニター
ペースアラート
Connect IQ
アドバンスドランニングダイナミクス
ストレススコア
乳酸閾値
パフォーマンスコンディション

出典:ガーミンHPより
ハートレートセンサー HRM-RunまたはハートレートセンサーHRM-Tri使用時
ハートレートセンサー HRM-Run